育毛ケア

育毛シャンプーの使い方

どのように使うと効果が最大限に発揮されるのか、ここでは育毛シャンプーの使い方について見ていきましょう。
育毛シャンプーとはいえ普通のシャンプーと同じく、頭髪を洗うのに使うことはご存知の通りです。
ですが、ただ洗えばいいというものではありません。
まして力を入れてゴシゴシと洗ってしまうと、髪の毛や頭皮に深刻なダメージを与えることもありますから注意が必要です。
ではどのように使うといいのでしょうか?
こちらの人気育毛シャンプーランキングについての記事も大変参考になると思うので是非ご覧ください。

育毛シャンプーに限らず、シャンプー全般に言えることですが、まずは手で泡立ててから髪の毛に乗せるのが基本です。
泡立てるのが面倒だからと髪の毛に直接シャンプーを塗りつけてワシャワシャと泡立てている人がいるかも知れませんが、
この方法は髪の毛を傷めることにしかなりませんのでやめてください。

手で泡立てるのが面倒だという人は、泡立てネットと呼ばれる網を使ってもいいでしょう。
洗顔石けんとセットで販売されているものもありますが、ネット単体なら100円ショップで買うこともできます。
しっかりとシャンプーを泡立てたら、頭髪にふんわりと乗せて、指の腹や指先などで頭皮をマッサージするように洗います。
ここでは、髪の毛そのものを洗おうとするのではなく、頭皮を洗うように心がけましょう。
すると、育毛シャンプーに配合されているアミノ酸が、毛穴に詰まった汚れやフケ・余分に分泌されている皮脂をキレイに落としてくれます。
こちらには育毛シャンプーの効果やメリットについて等知っておきたい情報が様々掲載されています。

育毛シャンプーなのだからと、髪の毛をメインに洗浄してはいけません。
髪の毛についた汚れは、頭皮をマッサージしている最中の泡だけで十分汚れは落とせますから、毛そのものをゴシゴシとやる必要はないのです。
頭皮をしっかりとマッサージしたら、たっぷりのお湯で泡を流します。
育毛シャンプーには保湿成分も含まれていますが、ここでちゃんと洗い流しておかないと、泡に絡め取られた汚れを頭髪に残すことになってしまいます。

流す際も、髪の毛をキシキシとさせるやり方ではなく、頭皮・特に髪の生え際を集中的に流しましょう。
髪の毛から泡が流れ落ちるのは早いですが、頭皮には意外と残っているものです。
そのままにしていたら・・・もう、結果はわかりますよね。
育毛シャンプーを使って頭皮についた汚れをしっかり落としたら、次はそれをキレイに洗い流すことが肝心です。
こちらにも更に詳しく育毛シャンプーの効果的な使用方法について更に詳しく掲載されています。是非お読みください。