育毛ケア

育毛シャンプーの気になるにおい

育毛シャンプーは、さまざまな製品が発売されていますが、普通のシャンプーと違ってにおいが気になるものもありますね。
花や石けんなどといったいいにおいがする普通のシャンプーには、いいにおいをさせるための香料がいろいろと含まれています。
シャンプーに使用されている香料の中には、自然由来のものもありますが、頭髪によくない合成香料を使っている場合もあります。

自然由来の香料が使われているものであれば、いいにおいでも問題ありません。
ですが、合成香料が使われている場合、頭皮の皮脂分泌が過剰になったり、逆に皮脂膜が薄くなってカサカサに乾燥してしまうことがあります。
頭皮に限らず髪の毛も、水分が奪われてパサパサになってしまい、細く切れやすい状態になることもあります。
中には合成香料のせいでアレルギー反応が出てしまう人もいますから、過敏な人は要注意ですよ。
そうなってしまっては体調も崩しますし、頭髪にいい環境が整っているとは言えません。

ですから育毛シャンプーには、無香料のものが多いのです。
そのため、無香料の育毛シャンプーは、配合されている洗浄料や保湿成分のにおいがそのままシャンプーのにおいになっています。
育毛シャンプーの洗浄成分としてよく配合されているアミノ酸や、保湿成分として配合されている馬油などのオイルは、
直接それ自体のにおいをかいだことがある人の方が少ないでしょう。

配合されている成分によっては、独特のにおいがしてそれが気になる人もいますよね。
ですがこのにおいが逆に、頭髪にいい育毛シャンプーであることの証明と言っても過言ではないでしょう。

慣れないうちは気になってしまう人もいるでしょうけど、天然成分は合成香料のように長時間におい続けるわけではありません。
慣れてしまえば気になる頻度も少なくなってくるでしょう。
それでもやはり、いいにおいの育毛シャンプーでなければ嫌だという人は、天然の香料が使用された育毛シャンプーを使うようにしましょう。